九谷焼 花詰 ペアワインカップ

  • 14,040円(内税)
※発送はご注文から1週間以内でいたします。
※基本送料800円 北海道・沖縄・離島は1200円です。小さなものなどは、個別に送料を設定しています。
※チケット販売の場合は、発送はございませんので送料は加算されない仕組みになっています
※海外発送もご対応しています。海外発送の場合は専用の決済ページをお作りいたします。info@inthe-spotlight.comまでご注文内容、ご住所をお送りください。送料は一律2,500円
※発送中の破損などに関しては責任はとりかねます。
数量




伝統工芸を守りたい


色んな場所で聞かれる言葉だけれど、私自身正直、そんな事はあまり考えた事はありませんでした。
だって、伝統工芸というものがどれかもよくわからなかったし、美術館の中の世界な感じだったから。


だけど、初めて、えーーー!!!困る!残して!!って思ったのがこちら。

九谷焼の花詰という技術。
1つ1つ職人さんが手書きで花を詰めて描いていく作品。


日本であと5人しかこの花詰をできる職人さんがいない




しかも現在5人の職人さんは全員80歳以上。

そう聞いた時、どうしてーなんでー誰か継いでー!って素直に思いました。


どうしてそんなに職人さんが少なくなったかというと、
職人さん自身もそんなに次の世代に残そうと考えてきてなかったのもあるし、
最近の職人さんの目指す方向が花詰のような技術を守る職人ではなく、1から全て作り上げるアーティスト坂kとしての生き方を好む人が多くなっているという点もあるそうです。



こんなに素敵なのにな。


そんな話を聞いて思わず4脚買って帰りました。

こんな華美なのコーディネートは難しいかもしれない・・・。


そう思ってたけれど、




意外に、黄色のランチョンマットなどにも合い、カジュアルダウンコーディネートに成功!



黒のランチョンマットに合わせて、モダンな感じも素敵だろうし、
ガラス食器とかに合わせて思いっきりエレガントにしてもいいと思います。


ホームパーティでもとっても素敵にコーディネートできました。



素敵な素敵な九谷焼の花詰。


注文が殺到して、求める人が多くなれば今からでも継いでくれる方現れるかしら?
現れなくても、今の職人さん達が作り方のレシピみたいなのを残してくれないかしら。


そんな事を期待しながら、私はこの技術の素晴しさを広めたいと思います。





=====商品詳細=======
共に(口径7×高15cm180cc
================